« 1999年12月 | トップページ | 2001年7月 »

味探検:本郷「ファイアーハウス」

味探検№218-街道№128 中山道―本郷:2001年5月5日東京新聞掲載Firehouse2

1品1350円でも大満足、ダブルチーズバーガー

 旧中山道の道筋は、湯島聖堂の裏を回りこみ神田明神前で本郷通りとなり、東大農学部前を左に巣鴨方向に向かう。「本郷も、かねやすまでは江戸のうち」と川柳で歌われた「かねやす」小間物店が現在も営業する本郷3丁目交差点から白山、小石川方向は、震・戦災を逃れた古い家並みが残り、名所の坂めぐりと格好の散歩コースが多い。

Firehouseyoshida_2   春日通り沿いに、東大生のランチ人気ベストテンの上位に入るハンバーガーのうまい店「ファイーアーハウス」がある。

「自分でおいしいと感じる本物のハンバーガー」を探し、結局自分で作るしかないと、5年前22歳で開業したオーナーの吉田大門さん(写真)。100円前後のハンバーガーが氾濫する時代、1個850円は高いと感じるなら、まずは食べてみると納得するはずだ。

 ハンバーグの焼き方、レタス・トマト・オニオンとピクルス入りドレッシングとマヨネーズにマスタードのコンビネーションの味が実にうまい。

 ボリュームたっぷりのダブルチーズバーガー(1350円。写真)を大口を開けて、がぶりと頬張る。たっぷりのフライドポテトをつまみ、ピクルスをポリポリやりながらダイナミックに食べるのがこの店流の食べ方とか。

 ちょうど納品に来たパン屋さんの高橋康弘さん(補注3参照)も吉田さんのハンバーガーにかける情熱に打たれて「パンの味が勝たずに女房役に徹した酒ダネ入り特製バンズを開発した」のだと話してくれた。

 9種類のハンバーガーにサンドイッチやホットドッグに飲み物のメニューも豊富で、ゆったりとした店の雰囲気も人気の秘訣だろう。(MANA:中島満)

写真上=ボリューム満点ダブルチーズバーガー。

写真下=オーナー・吉田大門さん 

○「ファイアーハウス」メモ
 東京都文京区本郷4ノ5ノ10。地下鉄丸の内線本郷3丁目駅下車本郷通りに出て本郷3丁目交差点を春日通り方向に左折、本郷4丁目信号を渡りすぐ右カド。営業時間午前11時~10時(日曜7時半)LO。定休なし。全30席。03-3815-6044。

○注意:記事内容は、記事投稿時(2001年5月5日)のものです。

○現在のことは、同店ホームページ:http://www.firehouse.co.jp/ を参照してください。

○補注(1):2002年9月にデリバリー部門とパーティーラウンジ部門を拡大したという連絡をもらう(2003年1月23日)。同部門の電話:03-3815-6144。住所:文京区本郷4-7-5。担当:岩田卓之店長。

○補注(2):2010年某月「13周年」を迎えたというチラシ入りの連絡を受ける。

Firehouse2010photo2010

○補注(3):同店使用バンズを提供するパン屋さん:「峰屋」:新宿6-20-10:03-3351-6794:最寄駅都営新宿線「若松河田駅」:営業時間 10:00~20:00:ランチ営業:定休日・日曜祝日

東京新聞朝刊2001.5.5付首都圏情報版ゆめぽっけ掲載

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 1999年12月 | トップページ | 2001年7月 »