« 味探検:港区三田仏料理「コートドール」 | トップページ | 松江の鱸魚(1) »

味探検・連載439回「夏の味」上野原市「レストラン夢キッチン・ハーバル」

太陽の恵み、大地の滋養「摘みたてハーブサラダは癒し系」

パンチの効いたハーブOsadaisii  

「パンチの効いた味は一味も二味も違う」と前回の斉須政雄シェフがほれ込んだハーブ生産者「うえのはらハーブガーデン」を訪ねた。パンチの効いたハーブの味ってどんな味?。

「まず畑に行きましょう」とハーブガーデン主宰者の長田恵美子さん(写真上右)が案内してくれた。7月まで農業委員を務めた長田さんが、ハーブ栽培の実践からつかんだ「都市との交流型農業」を地元で理解してくれた農家でつくる「上野原こだわり野菜生産者の会」。なかでも“ルッコラ”作り名人として知られる石井瑛干(てるゆき)さん(同左)が作るハーブを口にいれた。

野性味たっぷりのルッコラやマスタード

 パリッとしたルッコラの葉は、ゴマの濃厚な味に辛味がきいて、しかもさわやかさが口に残る。「太陽の恵みを一杯に受けた畑の環境はハーブ栽培の絶好地。無農薬栽培の土作りをして世話をやいてあげれば、パンチの効いた味に育つ」と長田さん。隣りに育つマスタードの葉の野性味たっぷりの辛さは感動もの。

 長田さんらが作るハーブ・野菜は、有名ホテル・レストランのシェフたちが自ら味を見に足を運び、口コミで広まった。市場出荷せず、レストランへの直売のほか「こだわり野菜の宅急便」(各種ハーブやトマト・ズッキーニなど旬野菜。1箱3500円送料込み。FAX注文のみ)があり読者も購入できる。

Osadaisii02  また、農園のハーブを味わえる直営店「レストラン夢キッチン・ハーバル」が上野原駅近くで営業している。山のようにハーブが盛られた「朝摘みハーブサラダ」(写真下中央。630円)がおすすめ。ゴルゴンゾーラチーズやトマトの好みのソースで食べる「手づくりニョッキ」(同右)やピザなど、素材の味を大切にという長田さんの心のこもった料理も味わえる。
(©中島 満)

○メモ「レストラン夢キッチン ハーバル」
山梨県上野原市新田983番地。JR中央本線上野原駅下車南口にでて階段下り駅前の道沿いに右手方向徒歩3分左手。電0554-62-2226。営業昼11時30分~14時30分。夜18時~21時。定休木曜。全45席。予約が無難。「こだわり野菜の宅急便」は、FAX(0554-63-1438)のみにて受付。

○注:内容は取材時のものです。掲載:東京新聞2005年8月25日「味探検」連載第439回。写真記事:copyright 2007~2011:,Mitsuru,Nakajima:リンクは自由ですが、記事写真引用は管理人(MANA)までご一報下さい。

|

« 味探検:港区三田仏料理「コートドール」 | トップページ | 松江の鱸魚(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 味探検・連載439回「夏の味」上野原市「レストラン夢キッチン・ハーバル」:

« 味探検:港区三田仏料理「コートドール」 | トップページ | 松江の鱸魚(1) »