« エコラベルってなあに? | トップページ | 木簡に記された魚たち »

冬でも氷の話題です―古代氷室研究家・川村さんからのおたより

Kawamura070223himuroyoko 夏の氷室の祭事は冬の氷の蔵入れ儀式から始まります

 古代氷室研究家の川村さんから復元氷室の氷り入れの貴重な画像を送っていただきました。

川村和正さんからのおたより

 その後、いかがおすごしですか。先日2月15日に、奈良県のK小学校で3回目の復元氷室への氷入れが行われ、招待されたので見学してきました。

   過去2回は7月中旬残り氷はゼロでした。小学5~6年生の理科実験ですから、大規模Kawamura070223kouriire5_1にできない制約があり、15kg×20個=300kgしか貯氷できません。しかし、熱意に打たれ、父兄で建設業者の方がボランテイアで画像のような新氷室を設営されましたので、今年こそと期待されます。

写真上:新氷室の全景

写真中:氷り入れ

Kawamura070223iriguti写真下:新氷室入り口

なお、新しい氷室の建設に当たってK小学校の生徒3人が文章にまとめた「三代目葛氷室」のPDFファイルがありますので、ご覧ください。

「kawamura070223-01PDF.pdf」をダウンロード 

★また、氷室や氷の歴史については、川村さんの論文やMANA(なかじまみつる)のエッセイなどいろいろなかたがたが執筆されている「氷の文化史」サイトを「MANAしんぶん」に設けていますのでご覧になってください。

By MANA(なかじまみつる)(C)、川村和正(C)

MANAしんぶん「氷の文化史」サイト目次:

http://www.manabook.jp/essay-icemanlibrary-index.htm

|

« エコラベルってなあに? | トップページ | 木簡に記された魚たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191585/14041555

この記事へのトラックバック一覧です: 冬でも氷の話題です―古代氷室研究家・川村さんからのおたより:

« エコラベルってなあに? | トップページ | 木簡に記された魚たち »