« 木簡に記された魚たち | トップページ | ヨメガサラとヨメガカサ »

水産増殖研究会(茨城)に出席する

水産増殖研究会が茨城県大洗町「アクアワールド」で平成19年2月3日(土曜)開催、出席する。

茨城水試仁平さん、会長の秋元さんらの誘いで、今回は、品川の研究室を離れて、拡大例会の様相を呈す。終わってからの飲み会の意見交換も活発派手だった。(追記:これが翌年の2008年3月15日開催の「「里海」の自然再生と浅海資源 茨城の海から考える―第22 回常磐・鹿島灘の漁業を考える水産海洋地域研究集会」にもつながっているのだろう。)

報告その1:栽培漁業地方行政について(福田英雄さん)

報告のレジュメ(10枚)PDF

冒頭の「漁業者から見て、栽培漁業:サイバイギョギョウに飽きてきたのではないのか?」という一言が、とても印象深かった。そして、まとめとしての「公共事業としての栽培漁業の投資効果や環境修復機能について」の整理(9枚目)、「栽培漁業により造成した資源の〝財〟の視点からの位置づけ」と「取り組みの方向」についての指摘あり。そのとおりと思った。

MANAメモ

追記:2008年3月15日開催「「里海」の自然再生と浅海資源 茨城の海から考える―第22 回常磐・鹿島灘の漁業を考える水産海洋地域研究集会」の内容

(1)開催趣旨PDF:

http://manabook.cocolog-nifty.com/20080315ibaraki-satoumi-simpo.pdf

(2)茨城里海シンポ/お江戸舟遊び瓦版 63号 08 3 18

http://manabook.cocolog-nifty.com/ibaraki-satoumi-oedokawaraban63-08318.pdf

|

« 木簡に記された魚たち | トップページ | ヨメガサラとヨメガカサ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191585/44633255

この記事へのトラックバック一覧です: 水産増殖研究会(茨城)に出席する:

« 木簡に記された魚たち | トップページ | ヨメガサラとヨメガカサ »