« 2007年11月 | トップページ | 2008年2月 »

里としての海を考えるシンポジウム

全漁連主催「里としての海を考えるシンポジウム」が開かれました

2008年1月19日「里としての海について考えるシンポジウム」:13:00~16:00:虎ノ門パストラル・新館5Fミモザ:主催:全国漁業協同組合連合会/共催:海と魚と食を考える会

[季刊里海]通信記事

(1)「里としての海を考えるシンポジウム」が開催されます―漁業者と市民との意見交換を期待します

http://satoumi.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_579d.html

(2)刺激的だった内山節さんの基調講演―「里としての海を考えるシンポジウム」が開かれました

http://satoumi.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_9c07.html

MANAによるテープ起し原稿(構成原稿:事務局に提出済み)

(1)主催者・来賓開会挨拶(原稿その1):「080119satoumi-sympo01.pdf」をダウンロード

(2)基調講演『里海へのメッセージ』講師:内山節さん(うちやまたかし:哲学者・立教大学大学院教授):(原稿その2):「080119satoumi-sympo02.pdf」をダウンロード

(3)パネルディスカッション:「里海から、里海へ―自然・ひと・協同を考える」

〇パネリスト
松田   治(広島大学 名誉教授)
加瀬 和俊(東京大学社会科学研究所 教授)
金萬 智男(NPO法人 盤州里海の会 理事長)
足利由紀子(NPO法人 水辺に遊ぶ会 理事長)
乾  政秀(株式会社水土舎 代表取締役)
○コーディネーター 市村隆紀(JF全漁連 漁政・国際部長)

原稿(その3):「080119satoumi-sympo03.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真名真魚字典に関するタイトルのもくじ

もくじ・目次・MOKUJI―真名真魚字典

  1. MANAしんぶん:真名真魚字典サイト……魚へん漢字の語彙と語源および魚名考証探索メモです。
  2. 謹賀新年2008年子年……MANAの年賀状
  3. ヨメガサラってなあに?ヨメガカサってなあに?
  4. 木簡に記された魚たち……木簡字典はおもしろい
  5. 列島雑魚譚……MANAによるザッコロジー入門雑文集(MANAしんぶん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

履歴タグり、アワビ守れ/東京新聞記事

履歴タグり、アワビ守れ―漁獲量低下「密漁防止に」と開発

産地、時期を刻印、回収率をアップ

(東京新聞「TOKYO発」2008年1月7日記事)

前文「東京海洋大学の研究者らが開発したアワビの生産履歴タグ〈アバロン・タグ〉の販売が3年間で140万個を超えた。今年から、成長したタグ付きアワビの回収が本格化する。食の信頼が揺らぐ中、おいしいアワビを食卓に届け、横行する密漁から漁師らを救う一手となるか。」(同記事より)

「080107awabimamore-yamakawasan-tokyo.pdf」をダウンロード

アワビは、とても高くて、小生の家の「食卓に届」くことはないが、密漁対策として、効果を発揮するための手法開発に情熱を燃やしてきた山川先生への取材記事となって報道されたもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年 2008年子年

今年も宜しくお願いいたします。

ホームページ「MANAしんぶん」及び、ブログ版[季刊里海]通信と連携しながら、雑魚学:ザッコロジーの好奇心を発揮しつつ小文やゲンナマ史資料を公開していきたいと考えております。ご批判ご叱正を甘んじて受けつつ、できるだけ、どこにものせていないテーマやテキストデータを載せていく所存であります。

昨年後半から最近にかけてMANAが書いたり編集構成した文章は次のとおりです。そのサイトへのリンクやPDFにしておきましたので、関心のあるかたは、チェックやダウンロードしてご覧ください。

(1)昨年10月末に、鎌倉円覚寺系列寺院「白雲庵」開祖である東明慧日とうみんえにち禅師の小伝「東明慧日禅師の大きな足跡」(PDF・見開き17ページ)をまとめました。これまで、ちか寄りがたい世界であった「中世」「鎌倉時代」でしたが、鎌倉幕府執権、北条貞時によって中国から招請された曹洞宗宏智派禅僧、東明慧日(1272~1340)の行跡、思想をまとめた文章です。日本に禅宗の一派であった曹洞宗をはじめてもたらしたのは道元であることは、広く知られていますが、その第二番目に伝えた禅僧・東明慧日について知っている人はほとんどいないでしょう。どのような人物であったのでしょうか。東明慧日が渡来した1300年代にさかのぼって、これまでの研究成果を中心に小伝としてまとめたものです。MANAにとっては、日本の漁業史に新風を吹き込んでくれた網野善彦の文章を何冊も読んできましたが、網野史学の骨格を構成していながら、なかなか理解のできなかった、中世史や近隣国との関係史を理解していくための基礎文献を読みこなしていくよい機会になりました。蒙古襲来や中世民衆の暮らしぶりなどについて、文献〝好奇心〟を持って読みこなせる基礎的な時代背景が醸成できたような気がします。

(2)昨年末に、「海洋基本法ってどんな法律なの?」(PDF:8ページ)を、漁協経営センター刊「月刊 漁業と漁協」2007年11月号にのせました。昨年4月通常国会で成立した「海洋基本法」は、「成立して当たり前」(読売・産経・毎日など各紙)というような、国民にとって必須不可欠な法律なのであろうか、無批判に受容歓迎する風潮への疑問とその問題点を、[ブログ版里海通信]の「海洋基本法を考える」で整理してきました。成立後、半年を経ての法PRや制定を歓迎するシンポジウムを聞いたうえで、ダイジェストにまとめてみたものです。もうすぐ同法に基づく「海洋基本計画」が策定されることになりますので、参考にしていただければと思います。ブログ「海洋基本法を考える:目次」からも入れるようになっています。

(3)季刊里海]通信メモ:「東京湾漁場図」制作者・泉水宗助を探せメモ(2007年3月9日平成18年度第4回東京湾アマモ場・浅海域再生勉強会にあたって)(PDF:3ページ)

(4)MANAインタビュー(「漁協の共済」リレートーク再録)より

○その1(07年2月):〝エコラベル〟をもっと知ろう:話す人:アミタ㈱ 持続可能研究所主任研究員・田村典江さん(PDF:5ページ)

○その2(07年4月):里海は「五大力船ごだいりきぶね」に乗って:話す人:木更津市NPO法人盤州里海の会理事長・金萬智男さん&JF金田地区組合員総代・NPO法人盤州里海の会監事・実形博行さん(PDF5ページ)

○その3(07年6月):もっと地域社会に開いていこう:これからの漁村・漁協がむかうかたちとは?:話す人:北海道大学観光学高等研究センター教授・敷田麻実さん(PDF:4ページ)

○その4(07年8月):漁業現場に活かせる保険医学を求めて:JF共水連嘱託医・産業医、えとう内科クリニック院長・江藤誠司さん

○その5(07年10月):TV番組作りは漁業と同じだ:NHK6月放送「里海の四季」担当ディレクター 宮原秀之氏さん

○その6(07年12月):漁の現場で食育ワークショップ:食環境ジャーナリスト・金丸弘美さん

(5)千魚の眼―魚へん歳時記というエセイを2008年1月から「水産界」という雑誌で書き始めました。「千魚の眼」についてのゴタクは、里海通信「謹賀新年その2」に書いておきました。PDFでも読めるようにしておきました。

○第1回(08年1月):ゴマメ、鱓、小万米(PDF2ページ)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年2月 »