« 2008年2月 | トップページ | 2008年5月 »

中野の誇れる「豆腐屋」さん、ついに廃業

残念無念!薬師通りの火が消えた

中野に住んでいて、友人知人に、わが町自慢の「豆腐屋」の存在を誇らしげに語ってきた。昨年末「しばらく休業します」という札が貼られご主人と女将さんが、体を安めにどこか旅行に出かけたんだろうと思って、再開を待ち望んできたのだが、年が明けて、その札はいつしか「長い間ごひいきありがとうございました。閉店を決意いたしました」に代わっていた。

1丁160円の木綿豆腐は、どこで買う豆腐よりも2倍はあるような大きさで、湯豆腐や冷や奴で食べれば、絹豆腐のようなきめの細かな、ふわっとした味わいに、他の豆腐の存在をすべて凌駕してきた。腰が曲がって、寡黙に、客にお世辞のひとことも言わない代わりに、がんもも、厚揚げも、油揚げも、うまかった。

1997091834hamadatouhu

私は、東京新聞で連載していた「味探検」に載せたい、と、取材を申し込んだとき、かたくなに、「うちなど普通のとうふを作って売るだけ。話は苦手だし、……」と断られ続けた。それでも、客として、近所のよしみもあってか、なんとか、取材に応じてくれた。もう、10年も前のことになる。そのときの記事のタイトルが「夫婦円満、豆腐もビッグサイズ」だった。

中野区新井薬師「浜田とうふ店」である。私のホームページに、この店の情報が載り続けているので、この「廃業」の事実を載せておく必用があるので、このさい、ブログで、当時の記事を再掲し、私にとっての、「ここに中野名物豆腐屋ありき」の祈念碑替わりにしようと考えたわけである。

リンク(1):江戸前の味探検(1997年9月18日)記事「浜田とうふ店:夫婦円満、豆腐もビッグサイズ

リンク(2):食単随筆:江戸幕府の粋な庶民表彰のはなし―豆腐屋余聞

豆腐屋がやっていけなくなるような今の時代のおかしさに、ひとことも注文も不満も口にすることなどせず、残念がる客に、その無念な顔をみせることなく、静かに身を引いてしまった。本当に、ほんとうにご苦労様。残念だけれど、しょうがない。あと、中野で、もう1件自慢のできる「パン屋さん」「ボングー」の親父にはがんばってももらうしかなくなった。

By MANA:なかじまみつる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書紀・古事記に登場する魚の名を冠した人名の整理

古代史に登場する魚名冠人名の整理

シビやコノシロやフナの名前のついた人名が日本書紀や古事記に載る。狩谷エキ斎「箋注倭名類聚抄」の読解と現代語訳を進める中で、原典確認の作業の過程で、該当箇所の注記だけではなく、一覧にしておく必要を感じた。

(1)鮪:箋注倭名類聚抄第八巻:〔11〕鮪 食療経云、鮪、{音委、}一名黄頬魚、{之比、}{○「武烈紀」の訓注に「鮪 、此を慈寐(しび)と云う」。:平群臣鮪(へぐりのおみしび)

(注1)武烈紀:日本書紀巻第十六「武烈天皇」影媛(かげひめ)、曾(いむさき)に真鳥大臣(まとりのおほおみ)の男(こ)鮪(しび)に姧(をか)されぬ。{鮪、此(これ)をば玆寐(しび)と云ふ。}太子の期り……以下略。

(注2)鮪:しび:①岩波文庫版「日本書紀(三)」注六(147p):清寧記〔古事記、下つ巻清寧天皇〕には「平群臣之祖、名志毘臣」とあり、菟田首(うだのおびと)の女、大魚(おふを)を歌垣で顕宗天皇と争って殺されたとある。記紀いずれの形が本来のものか明らかでないが、津田左右吉は……中略……書紀編纂の際に顕宗天皇についての物語を武烈天皇の話にすり換えたのであろうとしている。②同内容について「古事記伝」第43(清寧)(吉川弘文館増補全集本第四)2119~2134p参照。

(注3)補注○:「シビ」と訓むことについては、箋注倭名類聚抄第八巻〔14〕鮫の注14-13(a)(b)において エキ齊によって、サメのサンスクリット語源説に関連してシミ≒シビの訓みとのかかわりに触れているので参照されたい。

(2)-1コノシロ:箋注倭名類聚抄〔38〕[制]:孝徳紀人名、訓注:『日本書紀』巻第二十五「孝徳天皇」:大化二年三月条:塩屋(連)[制]魚{[制]魚、此云、挙能之盧。}

(2)-2コノシロ:同[制]:〔25〕[覃]の注(25-3)[台](えい)を載せた日本書紀齋明紀に「塩屋連[制]魚」(しおやのむらじこのしろ)をのせ、[制]魚を「このしろ」と訓みを与えている。また、同記載前に「物部朴井連鮪」(もののべのえいのむらじしび)(粛清される有馬皇子の居る家を兵で取り囲む件)の人名を載せる。

                                 by MANA中島 満

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年5月 »