« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

サンマはいつから「秋刀魚」と書くようになったのか?(2)

江戸時代の文献に「秋刀魚」の文字が見つからない

 まず、サンマの漢字表記「秋刀魚」の文字はいつ頃の文献から現れだしたのかを調べてみましょう。

 とりあえず(1)でふれたとおり、手持ちの資料と、公設図書館、ネットライブラリー・データベースを使って、原典探索して、該当個所を抜き出したものを、

真名真魚字典:その他9画「秋刀魚:さんま」

真名真魚字典:15画[箴]:冒頭タイトル下記。

15[]|鰶11[]

に載せましたので、引用句等は、それらにリンクさせる形で書いていきます。

 結論から言えば、ずばり「秋刀魚」とはじめて表記してサンマにふれた文献は、現在のところ見つかりませんでした。ただし、なぜ見つからなかったのかを含め、おおよそ見当がつきましたので、お話します。

(1)まず、現在までのところ「秋刀魚」を、文献としてはじめて表記した記録は、『水産彙考』(明治14年。1881年。織田完之著)です。この書の冒頭「凡例」に、

一、和名のみにて漢字の当たるものを見ざる。「サンマ三摩)」「バカ(馬珂)貝」の類は、音を仮りててこれを通ずるのみ。「サンマ」を、シマサヨリと称し、[](シン)の字を用うるは謬れり。[]は針嘴魚(シンシギョ)にて長嘴なり。三摩秋刀魚シュウトウギョ)と云えるは拠處(キョショ)なし。(サイ)を三摩に当てるも非なり。コノシロなり。バカ貝を沙虱(サシツ)と云うも亦信認し難し。本邦にありて漢土になきものも多かるべければ、強て牽合を須〔モチ〕いず。別に水産名彙の一書を収録せり。まさに追刻して遺欠(イケツ)を補わんとする。 〔MANA:筆者によりカタカナをひらがなに、一部現代表記に直してあります。〕

と書いてあります。「処拠なし」ということは、それまでに、「秋刀魚」を記していたことをさすのですから、使用頻度は別にして、見つかっていないだけで、何かに記されているはずです。その「何か」は、おそらく、新聞記事のような文章ではないかと想像していますが、わかりません。

 ただ、わたしが、この資料の記述に信憑性と、サンマが漢字表記される由来をたどるカギが隠されていると考えるのは、それなりの理由があります。

(2)それは、『水産彙考』という本の刊行経過と役割り、そして、著者の織田完之(おだかんじ)という人物が、明治維新後に果たしてきた明治政府における産業育成を進めた農水産行政において果たしてきた行跡への高い評価と影響力を前提にしているからです。織田完之は、天保13年(1842)三河国高須郡(現在の愛知県岡崎市福岡町居屋敷)に生まれ、医学を学んだ後、幕末の尊皇攘夷組織「天誅組」の組織者の一人、松本奎堂(まつもとけいどう)の私塾に入り師事し、運動に走った。「維新後は、明治4年に大蔵省記録寮から内務省勧業寮に転じて…、さらに農商務省の設置とともに同省農務局に奉職、農政・経済・教育・勧業等の振興策を論じ、みずからも印旛沼開疏事業等に奔走」(「農政史家織田完之と若松県政」若松史学研究復刊第27号・28号、松尾正人著)人物であり、内務省任官まえに吏員として勤めた若松県官員(現在でいえば福島県庁)時代に、知己となった河原田盛美の水産局吏員として全国水産普及行脚(教育・勧業のための講演・講義・指導)や日本水産誌を、金田帰逸とともに産業育成(「水産製品誌」)分野を担当し業績を残す大きな影響を与えた人物でもあったのです。

(3)サンマと秋刀魚の話から、近代水産業振興に多大な貢献をした、織田完之、河原田盛美に話が飛ぶのも、飛びすぎのようですが、実は、二人(に代表される明治勸農行政:産業博覧会を一例とする)の合作というべき、重要な著作『水産小学』という、初等教育教科書の刊行(明治15年)に取り上げられた、魚貝名称の記述方針とかかわりを持つことにふれたいからなのです。(かきかけです)MANA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンマはいつから「秋刀魚」と書くようになったのか?(1)

サンマと秋刀魚の名物考証をしてみました

サンマはいつから「秋刀魚」と書くようになったのか?(1)

  Sanma_2 魚名考証漢字字典として載せている「真名真魚字典」サイトを見たといって質問メールをいただくことが多くなりました。最近のメールで多いのが、いまがまさに旬まっさかりの「サンマ」に関するもので、「サンマは、秋刀魚と書きますが、鯛や鮪のように、漢字一字で、サンマをあらわす字はあるのですか?」に類似した質問をされるかたが多いのです。

 ところが、実は、正直なところ、筆者もまだ、サンマについて、きちんと語源及び漢字表記の考証のための、文献整理をしたことがなかったので、満足に答えられないことを吐露せざるを得ません。手持ちの資料で、急場しのぎの次のような返事を書いて返信しました。

○プレ考証(返信第一報):「MANAしんぶん:http://www.manabook.jp/
の「真名真魚字典」:http://www.manabook.jp/manamana-uohenkanji.htm
を読んでいただきありがとうございます。出典を明記していただければ、引用していただいてかまいません。
 ところで、「サンマ」は、まだ項目として整理していないので、きちんと答えられるかどうか自信がありません。みなさんがご存知のことがほほとんどだと思いますが、手元の資料を調べて、お答えすることにします。

 漢字では、一般的には「秋刀魚」が使われていますが、江戸時代の本で、この字をまだ見つけていませんから、おそらく明治にその形態から充てられた漢字だと思います。どの文献がはじめに「秋刀魚」を書いたのかは、私もまだ調べていません。
江戸時代には、[箴]=魚ヘンに「箴」と書き、シンと読ませる字を、サンマに当てています。また、「針魚」としたり、「青串魚」、あるいは「細魚」として、サヨリの異名に「サンマ」が載ります。

 明和年代(1764から1772)に記された随筆「梅翁随筆」のなかに、塩漬けのサンマ(あましおのさんま)のことが載っています。

 ただし、「サンマ」として、江戸時代に記述された文献がちょっと調べただけでは少ないようです。「目黒のサンマ」のような落語もありますが、明治になって演じられたもので、江戸や和歌山や、日本海に産地としてサンマの漁法を記す資料もたしかにありますから、けっこうひろく生産消費されていたことが予想はされるものの、実は、あまりよくわからない、というのが正直なところです。

 また、江戸期の川柳を記した「ハイ風柳多留」に、天明二年(1782年)編の作に「さんまのひものくいさして鳥おひ」があり、明和、天明期に、江戸で、塩魚として食べられていたようですが、いまのさんまの焼き方で、煙もうもうとして、焼いていた姿が、本当にあったかどうか、厳密には、よくわかりません。
 この程度でご容赦ください。

 さて、この程度の知識じゃあ、質問者に申し訳ないですから、MANAしんぶんのトップページの「旬な写真」を「サンマ焼く」に切り替えたのをよい機会に、「サンマ」と「秋刀魚」について調べてみることにしました。

 真名真魚字典「その他9画:秋刀魚」の項目を作り、典拠資料を抜書きして整理してみると、いくつか面白いことがわかってきました。

 (1)「さんま」という呼び方は、江戸時代中期ごろまで使用文献をさかのぼれますが、[箴]あるいは[箴]魚という、サヨリに充てられる漢字を、サンマを指す漢字に充てる例はあっても、タイ=鯛やスズキ=鱸のような、的確な魚名漢字が見当たらない。

 (2)「秋刀魚」の漢字表記は、江戸時代に成立している文書には、現在までのところ見つかっていない。

 (3)おそらく「秋刀魚」は、明治のはじめごろに使われ始めたのではないかという予測がつくが、はじめて「サンマ=秋刀魚」と記載した文書がなんであるのかは、見つかっていない。

 (4)落語の「目黒の秋刀魚」は、江戸時代の殿様が主人公になる古典に属する有名な話だが、初演は明治になってからで、それでは、誰が始めに演じたのか、(3)とのかかわりで調べてみる必要が出てきた。

 ……(続く)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

タイムスクープハンター「お氷様はかくして運ばれた」 再放送されます!!

「タイムスクープハンター」加賀様のお氷運搬人、フンドシ姿でフン戦、がまたみられるよ(今日の午後4時から)

けっこうな反響があったみたいで、要潤主演「タイムスクープハンター」「お氷様はかくして運ばれた」(9月12日放送)が、今日の午後4時からNHK総合で再放送されるそうです。もっと早く知らせてくれればよいのに、と思うが、まあ、放送前にお知らせできるのだから、ヨシとしましょう。

深夜帯の番組から、カクアゲ(?)されて、土曜日のゴールデンの前だから、相当な出世ですね、これハ。

やっぱり、フンドシ姿の氷運搬人「クモスケちゃん」たちの奮戦(フンセン)ぶりが、請けたのかな……。見逃した方は、是非チェックしてみてください。

なんと、世界の人々もNHKワールド・プレミアムというやつで見ることができるそうだから、ワールドワイドな「フンドシ」になりそう。世界のひとは、このクラッシクパンツ姿をどうみるのだろうか。

(1)NHK総合テレビ番組表(10月4日午後4時~)

http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2008-10-04&ch=21&eid=18560

(1)-2:番組たまご「タイムスクープハンター」(9月12日放送した内容)

http://www.nhk.or.jp/tamago/program/20080912_doc.html

(2)NHKワールド・プレミアム(10月8日放送)

http://www.nhk-jn.co.jp/wp/program/details/disp_j.asp?a=00&s=0&d=20081008&c=200810080470

(3)その後の「タイムスクープハンター」の反響

①三橋 潔の『GORIキ道』:出演俳優さんのブログのようです。

http://ameblo.jp/goribuu/entry-10138617391.html

②こんなのももう出ている:TSH お氷様はかくして運ばれた | Veoh Video NetworkTSH タイムスクープハンター:いいのかな??ここにリンクして?まあいいか?チャント再放送を見ましょう。

リンク先→こちら

③新お宝発見 動画世界遺産:

http://dougasekaiisan.blog.eonet.jp/douga/2008/09/913-d409.html

④ヒメブログ:魅惑のNHK。:http://blog.livedoor.jp/rinrinrin1103/archives/51181387.html

:私はテレビを見るときずっとリモコンを構えてみます。/それはCMに入った時や番組の核になる部分以外だとチャンネルを変えるため。/普通にありえないだろうし、そんなヤツすごい嫌だろうけど5~10分に1回はチャンネルを変えます。すいません。/つまらない番組だらけなのが悪いんだ。……中略……最近あった番組たまご(レギュラー化を目指してトライアルで放送される番組枠)の「タイムスクープハンター」なんかはなかなか好きでした。/未来から来たタイムスクープ社のタイムスクープハンターが時空を超えてジャーナリストとしてその時代の記録を取るって話だったんだけど/今回のは江戸時代の加賀藩から江戸へ謙譲物を運ぶ飛脚に密着する/ドキュメンタリー仕立てになってたんだけどその発想がおもしろいよね。/短い時間に情報を詰め込むためかちょっと無理な展開もあったけどすごく実験的でおもしろい。

⑤F:アンルイス椎名林檎:http://sfx.blog.so-net.ne.jp/2008-09-19

タイムスクープハンター。
飛脚のふんどしに元祖Tバックだよなあなどと思う。
宮沢りえ。
サラリーマンNEO然り
NHKのコメディ番組は笑いのがセンスが良。
番組ディレクターの仕事を書類が面倒でけってしまったのを少し後悔した。

:「思う。」と「宮沢云々」はつながっているのだろうか?まあいいかそんなこと。

⑥ランガナータンの書斎:http://folklore.blog1.fc2.com/?m&no=1149

タイムスクープハンター:NHKの試験的番組。未来から江戸時代に来たタイムスクープハンター(要潤さん)が、加賀飛脚が氷を江戸に運ぶまでを追う。どう見てもその時代の人に見えない格好なのに、企業秘密の交渉術でサクっと飛脚たちに溶け込んでしまうのがすごい(笑)。/撮影しているのはハンターという設定なので、ドキュメント風でカメラが揺れる揺れる。見たことないけど「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」を連想した。/宿屋でアクシデントがあって、飛脚同士でもめるシーンがあったんだけど、長回しで撮ってて飛脚の一人がセリフを噛んでもカットしなかったのがドキュメンタリーっぽい。…中略…相当気合入ってた。/すごく面白かったんだけど、シリーズ化した場合これと同じクオリティで作るのは大変なんじゃないかと。とりあえずハンターの格好をもうちょっと変えてほしい。シリーズ化してほしいな。企業秘密の交渉術も気になるし(笑)。

⑦ブログリ:毎日ひきこも:
http://blogri.jp/musclepanda/category/4/2/

タイムスクープハンター:2008/09/13(Sat)00:37
ちょ、これ、面白い…!
かなめじゅんが主役だったのも面白い!
NHKの深夜ものってなんでこうクオリティ高い上に着眼点が面白いんだろう!
CATEGORY:無難

コピーして、リンクをはって、くたびれたので、こんなところで終了……

MANA:なかじまみつる

MANAしんぶん「氷の文化史」サイト目次:

http://www.manabook.jp/essay-icemanlibrary-index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »