« 「琵琶湖のテナガエビの由来に関する一考察」がおもしろい | トップページ | うしぬすっと »

新刊案内『静岡新聞に見る静岡県昭和水産史』

MANABOOK:2008年12月10日発行:好評発売中

静岡新聞に見る静岡県昭和水産史

Syouwasuisansi2satugazou_2幡谷雅之著偏 まな出版企画刊

◇A4判並製・カバー・772頁[本体価格4000円+税]

ISBN978-4-944114-10-8 C0062 \4000E

◇本書の特徴

○……激動する昭和の“水産静岡”を新聞記事タイトルから切り取った異色の水産史誕生!!

○……戦中戦後の混乱期から漁場拡大・技術革新期を経て発展してきた頼もしい“水産静岡”!!

○……その裏には第5福竜丸ビキニ被爆、多くの漁船遭難、公害被害などの悲しい歴史も!!

○……水産行政から漁業~養殖~加工~遊漁~料理、そしてB級記事に至るまで、水産関連の全記事を採録!!

◇本書の購入方法

★本書は、自費出版物のため一般書店ではご購入できません(但し、静岡県内では、「戸田書店静岡呉服町店」および清水の「東海大海洋学部売店」にて扱っています)。
★ご購入希望者は、まな出版企画まで、メールあるいはファックスにて冊数を書いてお申し込みください。
★送料はかかりません。発送元が負担します。

まな出版企画 〒165-0025 東京都中野区沼袋1-5-4 FAX03-3319-3137

メール:こちらまでお送りください。

○……本書は、昭和16年から昭和64年までの静岡新開に掲載された水産関連記事の見出しを編年体に構成したもので、対米開戦の年から昭和の終蔦の年までの激動期の静岡県水産年表となっている。

○……著者は、静岡県水産試験場、同漁港課に在籍中、諸問題に関連する県の水産史を纏めることを思い立ち、寸暇を割いて静岡新聞の水産記事を長年にわたり丹念に点検・収集して来た。その成果が本書に結実した。県の水産史として主題を定め一貫して収集・整理することは、その着想と強固な意志によって初めて成ることで、余人の果たしえなかったことである。本書により、常識の視点から見た昭和期の静岡県水産の歴史年表を得ることができた。静岡県内はもとより漁業産業史・社会史・郷土史に関心を持つ方々に購読・利用をすすめたい。(東京水産大学名誉教授・野中忠氏・序より)

○……なんと、総ページ数は700ページを超え 、その情報量の多さは、冒頭の本書の特徴に示したとおり「激動する昭和の“水産静岡”を新聞記事タイトルから切り取った異色の水産史誕生!!」「戦中戦後の混乱期から漁場拡大・技術革新期を経て発展してきた頼もしい“水産静岡”!!」「その裏には第5福竜丸ビキニ被爆、多くの漁船遭難、公害被害などの悲しい歴史も!!」「水産行政から漁業~養殖~加工~遊漁~料理、そしてB級記事に至るまで、水産関連の全記事を採録!!」しています。水産史ばかりか、県産業史としてご利用ください。

☆著者:幡谷雅之(はたや・まさゆき):昭和20年1月、中国(旧満州国)大連市生まれ。昭和42年3月、東京水産大学(現東京海洋大学)増殖学科卒業。昭和42年4月~平成17年3月 静岡県水産試験場(この間、昭和53年4月~57年3月静岡県栽培漁業センター、平成3年4月~5年3月静岡県漁港課)。平成17年4月~20年4月、静岡県魚市場協会常務理事。平成20年5月~現在、静岡県漁業振興基金事務局長平成17年4月~現在。東海大学海洋学部非常勤講師(海洋産業論)。静岡県藤枝市在住。

|

« 「琵琶湖のテナガエビの由来に関する一考察」がおもしろい | トップページ | うしぬすっと »

コメント

水産経済新聞2009年1月20日付け2面に「静岡の水産の一級資料」として、『静岡新聞に見る静岡県昭和水産史』の書評記事が載りました。

投稿: MANA:なかじまみつる | 2009年1月28日 (水) 13時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191585/43667768

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊案内『静岡新聞に見る静岡県昭和水産史』:

« 「琵琶湖のテナガエビの由来に関する一考察」がおもしろい | トップページ | うしぬすっと »