« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

静岡の水産の一級資料:水産経済新聞の書評載る

 漁業・水産の専門紙「水産経済新聞」の2009年1月20日2面に、当社が刊行した『静岡新聞に見る静岡県昭和水産史』の書評が掲載された。

Suikei090120syouwasuisansisyohyo 静岡の水産の一級資料――幡谷雅之著『静岡新聞に見る静岡県昭和水産史』

[静岡新聞に見る静岡県昭和水産史](幡谷雅之著、A4 判、772ページ、税別4000 円:写真)がまな出版企画から出版された。

 静岡県水産試験場に長きにわたり勤め、現存も「静岡県の水産」に携わる著者がまとめた本書は、対米開戦の昭和16年から、昭和の終焉(えん)となった64年1月までの静岡新聞(朝・夕刊)に掲載された水産関連記事の見出しに、簡単な説明を加えて編年体に構成したもの。

 昭和に静岡県内で起きた水産関係の政策、事件、事故、経済にとどまることなく、遊漁や環境汚染、科学などその採録範囲は広く、地方史の斬新な表現方法になっている。まさに静岡の水産の歴史を知るうえで欠かせない一級資料だ。

 本書を順にめくっていくと、沖合・遠洋漁業全盛期や華やかな技術革新に対し、二百カイリ定着や資源の枯渇など水産自給率の低下へと、業界の繁栄期から現在までの流れが読み取れる。ここから活気のあった「昭和の水産」への再来に向けたヒントがみえてくるかもしれない。

 地味な分厚い本の出版だけに、著者幡谷さんの執筆編纂の労を考慮して「一級資料」として紹介してくれたことに感謝。

MANA:中島 満

続きを読む "静岡の水産の一級資料:水産経済新聞の書評載る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬だけど「氷」のドラマ再々放送!!―なぜか「篤姫」と接近

NHK「タイムスクープハンター」「お氷様はかくして運ばれた」が正月の深夜またまた放映されていた

年があけ、4日になって本ブログのアクセス数が200を越え、それが数日続いた。なぜか、アクセスの解析機能で「タイムスーくプハンター」の記事へのアクセスだった。

3日の番組の深夜(放送は4日)2時から、「タイムスクープハンター」が再放送されていたのだ。再放送の二度目だから再々放送ということになる。「加賀さまのお氷」運搬の話だが、タイムスリップして取材に出かける未来記者(タイムスクープハンター)の役が、人気上昇中の「要潤」(かなめじゅん)現象ということもあるけれど、若い人たちの歴史事件を扱う場合でも、どういう映像なら受け入れられるという「つぼ」を押さえた脚本と演出に配役だったからこその反響につながり、3度目の放送になったのであろう。

「氷の文化史」という、氷と人のふれあいの歴史にスポットをあてて記事を書いてきたものとして、これだけの注目をあつめたのは驚きであるとともに、正直とてもうれしい。

「篤姫」原作「天璋院篤姫」に描かれた「加賀さまの献上氷」

 おなじ「氷」つながりで、この正月にNHK大河どらま「篤姫」原作の「天璋院篤姫」宮尾登美子(講談社文庫、上・下)を読んだが、その下巻「和宮降嫁」の章に、江戸城多くの行事として、旧暦6月1日の「加賀さまの氷献上」が載っていた。

Tensyouinatsuhimebunkohyousi  それだけなのだが、それはそれとして原作には、西郷隆盛や大久保利通や小松帯刀らの、テレビでは篤姫との愛情も含めた交友関係が細やかに描かれていた薩摩の人物にほとんどふれられていないことにびっくりした。男の表現で言えば幕末の「傑物」といえるであろう「篤姫」を発掘し、限られた史実をもとに、宮尾流決めの細かな心のひだまで映し出す描写力で記す、純「歴史小説」に仕立ててあることに、うなづきながら一気に上下2冊読んでしまった。篤姫の家定との結婚が、水戸派とくんだ斉彬の徳川政権転覆、政権奪取という遠大な野望に基づくものであったことや、その延長線上に慶喜の行動が斉彬死後も続いていたこと、そして、篤姫が慶喜を一度接見したときに見抜いた邪悪な心の一面が、やがて家定、家茂の死は慶喜一派の薬殺によるものという断定を下していく。和宮は、本人というよりも付き人たちの行動として、その目論見に加担していたことを見抜いていた篤姫と和宮の確執は、テレビではまったく描かれていなかった。このあたりが、原作と視聴率をねらったテレビの脚色付き演出のちがいなのかと、思った。

ただし、正直なところテレビの「篤姫」も、「チャングム」と同様の関心と感動をしたし、また、原作「天璋院篤姫」もとてもよかった。

 その和宮降嫁の翌年、大奥の6月1日の恒例行事「」加州候よりの献上氷」をめぐって、篤姫付きの女中と、和宮付きの女中との大騒動につながっていく。そのくだりを引用しておく。

 それは六月一日、恒例の加州家より献上の氷室の荷をお広座敷で解くときに起った。
 氷とはいっても、これは雪の塊といったほうよく、加州家ではこの日まで冬の雪を土中に埋めて保存するため、土や塵芥が混って汚なくなっており、例年、きれいなところをほんの少し選って皿に入れ、天璋院にごらんに入れただけでさげ渡されることになっている。
 加賀の国からはるばると江戸まで、中の氷室が解けぬように運ぶのは大げさな荷造りであって、毎年、お広座敷は大へんな騒ぎでこの荷を解くのであった。

 当日は御三の間以下の女中たちが総出であたることになっており、京方、江戸方入り乱れて薦包みをほどいている最中、宮さま付きの女中きみが、天璋院付きのさよに褄を踏まれ、よろけて尻餅をついた。
 口々 にしゃべり合いながらの作業で、さよはそれに気づかず手を動かしているのを、立ち上ったきみは矢庭にその帯を掴んだ。その拍子に帯がゆるんでいたのかたちまち解け、おどろななりのさよを引き据えて、
「ひとを突き飛ばして、ようも平気でおいやす」
 ときみは叫び、それでやめればよいものを、
「こうやよって、江戸方は作法知らずというてるのえ」
 と続け、帯から手を離した拍子に体を振ったきみに煽られ、今度はさよが畳の上に転がってしまった。
 こうなると江戸方が黙っているわけはなく、さよが帯をひきずったまま怒りの形相で詰め寄るのへ応援団は続々増え、京方はまたきみの味方をして一団となり、氷室の薦包みを中にして両者にらみあう形となった。
 このなかで、お広座敷の頭をやっているさきが江戸方をかぼって京方に向い、

「京方の皆さんは少々お考え違いをなすっておいで遊ばすのと違いますか。そもそもこの氷室は、若御台さまにいちばん先に献上すべく、我々がお手伝いしてさし上げているのですぞ。お礼をいうてもらうのが当り前でありこそすれ、帯を取って引き据えられるようなむごい仕打ちを受ける覚えは当方にはございませぬ。
場合によっては捨ておきませぬぞ」
 と声を荒らげるのへ、きみは衣紋をつくろいながら立ち向い

…以下略(宮尾登美子著『天璋院篤姫』下巻「降嫁」164p~166pより)

新年早々、「タイムスクープハンター」の再々放映と「天璋院篤姫」の小説に記された、「加賀さまの献上氷」が遭遇した。真冬なのに、夏の氷の話題でした。

MANA・なかじまみつる

MANAしんぶん「氷の文化史」サイト目次:

http://www.manabook.jp/essay-icemanlibrary-index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (2)

うしぬすっと

年頭丑魚尽くし「うしぬすっと」

 あけましておめでとうございます。

 本年もよろしくお願いいたします。毎年恒例の年頭の干支魚エッセイをご披露いたします。

 干支「牛・丑」にちなむ魚の名称がどのくらいあるだろうか。思いつくままにあげてみよう。

Uosinusuttokinmouzui_2   ウシノシタは、牛舌魚と書いてウシノシタカレイ、クツゾコ、シタヒラメのこと。靴底、牛の舌といい、どんな魚かすぐ連想がつく。クツゾコは有明海の特産、シタビラメといえばフランス料理の高級素材となる。
 ドジョウをウシドジョウともいう。ウシサワラは、全長2メートルにもなる大型のサワラの一種。オキサワラということもある。味は大味のため商品性は劣る。漢字では「牛馬鮫」。なんという複雑な表現であろうか。

 ゴンズイは、権瑞と書くのが普通のようだが、「牛頭=ごず」からの転化という説もある。牛の頭をした地獄の怪物が牛頭。牛頭馬頭(ごずめず)という馬の顔をした化け物と一対でもののけとなって人間と付き合いをする。背鰭と胸鰭に毒を発する棘(とげ)を持ち、形態もさることながら、棘に触ると腫れるなど毒魚のイメージも、牛頭魚と呼ぶ起源かもしれない。
 このほか、ウシはつかないが、その姿形から漢字をあてて牛尾魚(あるいは牛魚)がコチ、エイの仲間(いずれも細くて長い尻尾状の形をしている)というのも納得がゆく。
 さらにコイ科の淡水魚ウシモッゴなど探せばもっとでてくるだろうが、極めつきの「牛」つき魚名は、なんといっても「ウシヌスット」である。

 「牛盗人」とは、なんとも物騒というか、ユーモラスな名を付けたものだ。ウシザワラやゴンズイの場合もそうだが、牛や馬という名前が俗称に付くと、のっそり、どんちょう、ばかでかいなどなど、あんまりほめられたいいかたにはならないようである。
 ウシヌスットとはどんな魚なのだろう。

 なんのことはない、子供時代に川遊びの相手をしてくれたドンコのことであった。ハゼ科のカワアナゴ、ドンコ、およびカジカ科のカジカを混称して「ドンコ」と呼んでいるが、このなんともユニークな名前が和歌山、岡山における地方名になっていたのである。

 ドンコは、漢字で書けば杜父魚、鈍甲、鈍魚となる。ドンコの同名異称に、ドロボオとする(琵琶湖周辺)呼び方があったり、まったく種は異なるカジカにも地方名で共有したりする。
 数年前仙台に、ハゼのジュズコ釣りという鈎を使わずに釣り上げる漁法を取材したことがある。ゴカイを糸でとおしてリング状にすると自然によれて小豆大のコブがいくつもでき、このコブをのみこんだハゼを引き抜く漁師さんのみごとな技に関心した。そのとき仙台ではマハゼをカジカ、カツカと呼ぶことを知った。ジュズコ釣りは、もともとは鰍釣りといっていた。さらに、本命の魚の餌を横取りするダボハゼのことをドロボウカツカともいうそうである。

 ウシヌスビトは、広辞苑では「無口で動作の遅鈍な人」をいうとある。動作や容貌の似ているハゼ科のドンコやカジカ科のカジカなど、マハゼやヨシノボリなど小型のハゼ科の魚たち、さらに小型の低棲性の川魚(カマツカ、ギギなどにも「カジカ」や「ハゼ」の同名異称の方言と共有する名称が多い)たちには、種を分かつ分類の生物学の世界では通用はしないけれども、人々の暮らしや信仰、子供の遊びをとおして、ひとくくりに同名にしてしまうもうひとつの魚の命名の仕方があるようなのだ。

 地方方言の非常に多いこうしたハゼやカジカ、ドンコの類の共通の名前を持つ魚たちを、いっぱひとからげにして「雑魚(ざこ)」と呼ぼう。南方熊楠が、「ドンコの類魚方言に関する薮君の疑問に問う」という小文のなかで、地方名が同名ゆえに同類に分類した魚類学者の混乱ぶりを嘆いている。南方は、生物学上の分類のためには、人と魚の触れ合いから生じて同名にくくった世界の理解をも必要とするというようなことをいいたかったのかもしれない。こんな魚の理解の仕方を「ザッコロジー」とでも呼ぼうか。

 リバーブルヘッドは、イギリスでカジカのことだが、「川牛頭」、これも干支の魚名に加えてもいいようである。

 注記:だいぶ前に、名前を忘れたPR雑誌に投稿をした原稿に若干手を入れて再録する。ほとんど未発表の文章と同じなので、2009年の年頭サカナエッセイとして載せておくことにしよう。それにしても、もう干支を一巡してしまったことになる。

注:画像は「訓蒙図彙」巻之十四、龍魚より

(C)MANA・なかじまみつる(中島 満)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »