« 2009年12月 | トップページ | 2012年5月 »

上関、瀬戸内海の豊かさが残る最後の場所:三学会合同シンポ

上関、瀬戸内海の豊かさが残る最後の場所:三学会合同シンポに参加してきました

  日: 2010314日(日)午後130分~430
会  場: 明治大学駿河台校舎リバティホール
(リバティタワー 1F 松井康成ホール)

参加費: 500円(資料代)

【主 催】
日本生態学会 自然保護専門委員会
日本鳥学会 鳥類保護委員会
日本ベントス学会 自然環境保全委員会(ベントスは底生生物)

3/14
三学会合同シンポジウム実行委員長: 倉本宣(明治大学農学部教授)

【後 援】
(
)日本自然保護協会、()世界自然保護基金(WWF)ジャパン、
(
)日本野鳥の会、NPO法人ラムサール・ネットワーク日本、
バードライフ・インターナショナル、日本魚類学会自然保護委員会

【事務局、問い合わせ先】
日本生態学会上関原子力発電所問題要望書アフターケア委員会
代表:安渓遊地(Tel: 083-928-5496e-mail: ankeiyuji@gmail.com
庶務:佐藤正典(Tel: 099-285-8169e-mail: sato@sci.kagoshima-u.ac.jp

【プログラム】
13:30:
開会
13:30:-13:35

(主催者挨拶)立川賢一(日本生態学会自然保護専門委員会委員長)
13:35-13:50
:はじめに(シンポジウム全体の趣旨説明)
「上関原子力発電所建設計画のあらまし」佐藤正典(鹿児島大学)
13:50-14:35
:講演1「周防灘に残されている瀬戸内海の原風景」
加藤真(京都大学)
14:35-15:05
:講演2「上関に生息する希少な鳥類について」
飯田知彦(九州大学大学院・日本生態学会)
15:05-15:35
3学会の要望書の説明
安渓遊地(日本生態学会上関問題要望書アフターケア委員会委員長)
佐藤重穂(日本鳥学会鳥類保護委員会副委員長)
逸見泰久(日本ベントス学会自然環境保全委員会委員長)
15:35-15:45
:コメント1「陸上生物、里山の観点から」
野間直彦(滋賀県立大学)
15:45-15:55
:コメント2「スナメリについて」粕谷俊雄(要請中)
15:55-16:10
:コメント3「生物多様性条約に基づく国の政策」
国会議員(参加要請中)
16:10-16:40
:質疑応答
16:40-16:45

(閉会挨拶) 風呂田利夫(日本ベントス学会会長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2012年5月 »