静岡の水産の一級資料:水産経済新聞の書評載る

 漁業・水産の専門紙「水産経済新聞」の2009年1月20日2面に、当社が刊行した『静岡新聞に見る静岡県昭和水産史』の書評が掲載された。

Suikei090120syouwasuisansisyohyo 静岡の水産の一級資料――幡谷雅之著『静岡新聞に見る静岡県昭和水産史』

[静岡新聞に見る静岡県昭和水産史](幡谷雅之著、A4 判、772ページ、税別4000 円:写真)がまな出版企画から出版された。

 静岡県水産試験場に長きにわたり勤め、現存も「静岡県の水産」に携わる著者がまとめた本書は、対米開戦の昭和16年から、昭和の終焉(えん)となった64年1月までの静岡新聞(朝・夕刊)に掲載された水産関連記事の見出しに、簡単な説明を加えて編年体に構成したもの。

 昭和に静岡県内で起きた水産関係の政策、事件、事故、経済にとどまることなく、遊漁や環境汚染、科学などその採録範囲は広く、地方史の斬新な表現方法になっている。まさに静岡の水産の歴史を知るうえで欠かせない一級資料だ。

 本書を順にめくっていくと、沖合・遠洋漁業全盛期や華やかな技術革新に対し、二百カイリ定着や資源の枯渇など水産自給率の低下へと、業界の繁栄期から現在までの流れが読み取れる。ここから活気のあった「昭和の水産」への再来に向けたヒントがみえてくるかもしれない。

 地味な分厚い本の出版だけに、著者幡谷さんの執筆編纂の労を考慮して「一級資料」として紹介してくれたことに感謝。

MANA:中島 満

続きを読む "静岡の水産の一級資料:水産経済新聞の書評載る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

履歴タグり、アワビ守れ/東京新聞記事

履歴タグり、アワビ守れ―漁獲量低下「密漁防止に」と開発

産地、時期を刻印、回収率をアップ

(東京新聞「TOKYO発」2008年1月7日記事)

前文「東京海洋大学の研究者らが開発したアワビの生産履歴タグ〈アバロン・タグ〉の販売が3年間で140万個を超えた。今年から、成長したタグ付きアワビの回収が本格化する。食の信頼が揺らぐ中、おいしいアワビを食卓に届け、横行する密漁から漁師らを救う一手となるか。」(同記事より)

「080107awabimamore-yamakawasan-tokyo.pdf」をダウンロード

アワビは、とても高くて、小生の家の「食卓に届」くことはないが、密漁対策として、効果を発揮するための手法開発に情熱を燃やしてきた山川先生への取材記事となって報道されたもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)