氷室饅頭(ひむろまんじゅう)―その1

金沢の竹井先生から7月1日に氷室饅頭が届く

Himuromanju090701 「いとをかし」第5号の氷の特集ほか資料を竹井先生に贈る。メールでお礼状が届き、7月1日にあわせて「氷室饅頭」を送ったとのこと。かねてから、一度賞味したいと思っていた氷朔日にちなんだお菓子にめぐりあうことができました。

竹井先生からのメールには、氷室饅頭の由来について次のように記されていました。

 さて、もうすぐ7月1日がきます。金沢では、旧暦6月1日の氷室の日を江戸時代に庶民レべルを含めて盛大に贈答の風習や謡曲の会などの催し等で祝っていました。

Himuromanju09070102  新暦になって、7月1日が氷室の日として継承された祝いの日になっています。

 湯涌温泉の復元氷室による氷室開き(6月30日)や貯蔵雪の市長や知事への7月1日の献上などは、中島さんもお耳にされたことがあるかと思います。

 その氷室の日の金沢の風習に、氷室まんじゅうを食することが地元の方たちの間で一般的におこなわれています。娘の嫁ぎ先に贈る習わしがあったようです。

 歴史的には、明治時代に新保屋という菓子屋が、塩味の餡を使った麦鰻頭を7月1日限定で売り出したのが評判を呼んで、広まったという説があります。新保屋は明治末に廃業しますが、現在は普通の餡を用いた蒸し鰻頭(または酒鰻頭)に赤黄緑などの色をつけたものがこの時期限定で出回ります。

 鰻頭を氷室の日に食するという風習は、江戸時代の文献では確認できませんので、どの程度までさかのぼれるのか不明です。金沢周辺では、6月1日を歯固めの日とか煎り菓子盆として米や氷餅を食する風習が古<からあったそうです。このとき田植えの残り種米を煎って食べることなどから農事に関連していますので、氷室の日のお菓子の売り出しを考えた商売人が、新麦時期でもあるので麦鰻頭へと連想をつなげたのではないかと論ずる方もいます。

 ともあれ、この機会ですので、1 度ぐらいは、金沢の風習に触れていただければと思い、氷室まんじゅうを7月1日に届くように手配しました。ご迷惑でなければ幸いです。

 竹井先生ありがとう。おいしくいただきました。贈っていただいた氷室饅頭は、金沢の老舗お菓子屋さんの「雅風堂」製。白(こしあん)、赤(手亡てぼうあん)、緑(つぶあん)、茶(黒糖・こしあん)の4種類で、いずれもうまかった!写真下の氷室饅頭の説明書きは

氷室饅頭

加賀藩では、宮中の氷室節句のの故事にならい「氷室」の雪を六月一日(現在の七月一日)に将軍家へ献上しました。今では、暑き季節の無病を祈り娘の嫁ぎ先に贈ったり、ご家庭の土産となっています。七月一日は氷室の日です。

とあります。

 MANA(なかじまみつる)

 PS:これを機に、氷室饅頭について、手持ちの資料からその由来をメモにして整理しておくことにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の雲天キノコ尽くし

2008年11月16日~17日:二居山小屋→六日町「雲天」にキノコ料理を食べに行く

15日夜勤明け後二居行きを敢行する。目的は、懸案の不思議な民宿「雲天」に行って、キノコ料理を食べつくすこと。久しぶりの二居山小屋であり、森山に電話を入れると、前週現役連中が小屋を利用し、水を出しっぱなしにしていたとのことで、利春さんがとめに入った旨伝言があった。

六日町雲天のキノコ尽くし

0811unten01 0811unten02

0811unten03  0811unten04

さらに盛られた山菜キノコは、左上「木の芽:アケビのつるの塩漬け:戻したもの」右時計回りに「イトウリ」「ヒラタケ」「シモタケ」「エノキ」中央はなぜか「柿」。まだまだ「ビナハリタケ」「ぜんまい煮物」やピンク色の「マスタケ」や各種のキノコをたっぷり入れた「シメジの味噌汁」などなど。食べきれないほど出してくれました。

巻機山の登山口、清水部落には、高校の山岳部時代には何度も通い、大学を卒業してすぐに、友人らとこの山を登りに行った。それ以来の訪問である。雲天の女将さんというよりオカアチャンを知らぬものはモグリであるとまでいわれる。

宿の色紙には、こんなひとの名言もありました。

0811unten05tatibanatakasi

続きを読む "秋の雲天キノコ尽くし"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大桃豆腐を見つけた

志村坂上の温泉「さやの湯処」で食べた豆腐の味が忘れられなかった

東京の温泉めぐりで、志村坂上から徒歩5分にある「さやの湯処」に出かけた。温泉情報(とてもよかった)は、http://www.sayanoyudokoro.co.jp/

で見てもらうとして、この施設内にある、食事処の名物蕎麦とともに、ビールのツマミに注文した「大桃さんちのよせ豆腐」の味に感激してしまった。

中野の新井薬師前の名物豆腐やが休業してしまって、

http://www.manabook.jp/edomae34hamadatouhu.htm

http://manabook.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/index.html

うまい豆腐に飢えていたので、女房ともども、これはうまいねと、「大桃豆腐」はどこに売っているのかと、店の人に尋ねると、池袋にあるとのこと。

ネットで検索すると、すぐに見つかった。

http://www.ohmomo.com/

大桃豆腐(東京都豊島区池袋3-61-10:TEL&FAX 03-3971-3817 ):池袋駅西口、劇場通りを川越街道方向に10分ほど歩いてちょっと入ったところに、名前のノボリが立っている店を見つけた。まったく普通の豆腐屋さんという店構えだが、店を仕切っている主人か、二代目か、若々しい姿が眼に入ってきた。

「絹豆腐」も、「木綿豆腐」も1丁330グラムの大きめサイズで180円。「池袋豆腐」200円が400グラム。使用大豆も国産の産地名を明示して、明るい雰囲気が印象的だった。

味は、温泉で食べていたから間違いないが、普通の絹と木綿の味を楽しみに、各種1丁ずつに「生揚げ」(170円)を買って帰る。

ヤッコでたべる。特に、木綿の味が濃く、この値段でこのサイズは、「浜田豆腐店」に勝るとも劣らぬうまさだった。ちょっと我が家からは遠いのが残念だが、数日後、女房は、運動をかねて自転車で30分かけて、買いに出かけた。

MANA:なかじまみつる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中野の誇れる「豆腐屋」さん、ついに廃業

残念無念!薬師通りの火が消えた

中野に住んでいて、友人知人に、わが町自慢の「豆腐屋」の存在を誇らしげに語ってきた。昨年末「しばらく休業します」という札が貼られご主人と女将さんが、体を安めにどこか旅行に出かけたんだろうと思って、再開を待ち望んできたのだが、年が明けて、その札はいつしか「長い間ごひいきありがとうございました。閉店を決意いたしました」に代わっていた。

1丁160円の木綿豆腐は、どこで買う豆腐よりも2倍はあるような大きさで、湯豆腐や冷や奴で食べれば、絹豆腐のようなきめの細かな、ふわっとした味わいに、他の豆腐の存在をすべて凌駕してきた。腰が曲がって、寡黙に、客にお世辞のひとことも言わない代わりに、がんもも、厚揚げも、油揚げも、うまかった。

1997091834hamadatouhu

私は、東京新聞で連載していた「味探検」に載せたい、と、取材を申し込んだとき、かたくなに、「うちなど普通のとうふを作って売るだけ。話は苦手だし、……」と断られ続けた。それでも、客として、近所のよしみもあってか、なんとか、取材に応じてくれた。もう、10年も前のことになる。そのときの記事のタイトルが「夫婦円満、豆腐もビッグサイズ」だった。

中野区新井薬師「浜田とうふ店」である。私のホームページに、この店の情報が載り続けているので、この「廃業」の事実を載せておく必用があるので、このさい、ブログで、当時の記事を再掲し、私にとっての、「ここに中野名物豆腐屋ありき」の祈念碑替わりにしようと考えたわけである。

リンク(1):江戸前の味探検(1997年9月18日)記事「浜田とうふ店:夫婦円満、豆腐もビッグサイズ

リンク(2):食単随筆:江戸幕府の粋な庶民表彰のはなし―豆腐屋余聞

豆腐屋がやっていけなくなるような今の時代のおかしさに、ひとことも注文も不満も口にすることなどせず、残念がる客に、その無念な顔をみせることなく、静かに身を引いてしまった。本当に、ほんとうにご苦労様。残念だけれど、しょうがない。あと、中野で、もう1件自慢のできる「パン屋さん」「ボングー」の親父にはがんばってももらうしかなくなった。

By MANA:なかじまみつる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

味探検・連載439回「夏の味」上野原市「レストラン夢キッチン・ハーバル」

太陽の恵み、大地の滋養「摘みたてハーブサラダは癒し系」

パンチの効いたハーブOsadaisii  

「パンチの効いた味は一味も二味も違う」と前回の斉須政雄シェフがほれ込んだハーブ生産者「うえのはらハーブガーデン」を訪ねた。パンチの効いたハーブの味ってどんな味?。

「まず畑に行きましょう」とハーブガーデン主宰者の長田恵美子さん(写真上右)が案内してくれた。7月まで農業委員を務めた長田さんが、ハーブ栽培の実践からつかんだ「都市との交流型農業」を地元で理解してくれた農家でつくる「上野原こだわり野菜生産者の会」。なかでも“ルッコラ”作り名人として知られる石井瑛干(てるゆき)さん(同左)が作るハーブを口にいれた。

野性味たっぷりのルッコラやマスタード

 パリッとしたルッコラの葉は、ゴマの濃厚な味に辛味がきいて、しかもさわやかさが口に残る。「太陽の恵みを一杯に受けた畑の環境はハーブ栽培の絶好地。無農薬栽培の土作りをして世話をやいてあげれば、パンチの効いた味に育つ」と長田さん。隣りに育つマスタードの葉の野性味たっぷりの辛さは感動もの。

 長田さんらが作るハーブ・野菜は、有名ホテル・レストランのシェフたちが自ら味を見に足を運び、口コミで広まった。市場出荷せず、レストランへの直売のほか「こだわり野菜の宅急便」(各種ハーブやトマト・ズッキーニなど旬野菜。1箱3500円送料込み。FAX注文のみ)があり読者も購入できる。

Osadaisii02  また、農園のハーブを味わえる直営店「レストラン夢キッチン・ハーバル」が上野原駅近くで営業している。山のようにハーブが盛られた「朝摘みハーブサラダ」(写真下中央。630円)がおすすめ。ゴルゴンゾーラチーズやトマトの好みのソースで食べる「手づくりニョッキ」(同右)やピザなど、素材の味を大切にという長田さんの心のこもった料理も味わえる。
(©中島 満)

○メモ「レストラン夢キッチン ハーバル」
山梨県上野原市新田983番地。JR中央本線上野原駅下車南口にでて階段下り駅前の道沿いに右手方向徒歩3分左手。電0554-62-2226。営業昼11時30分~14時30分。夜18時~21時。定休木曜。全45席。予約が無難。「こだわり野菜の宅急便」は、FAX(0554-63-1438)のみにて受付。

○注:内容は取材時のものです。掲載:東京新聞2005年8月25日「味探検」連載第439回。写真記事:copyright 2007~2011:,Mitsuru,Nakajima:リンクは自由ですが、記事写真引用は管理人(MANA)までご一報下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

味探検:勝どき「かねます」

病みつきの逸品も粋な立ち飲み割烹

[江戸前の味探検・東京新聞連載・第48回](1997年12月25日掲載)

Ajitanken1997122548kanemasu_1  隅田川にかかる勝鬨橋。この橋が開閉橋としての役割を終えたのは昭和45年のこと。現在も構造上開けることは可能だそうだが、「開閉を想定した設備の維持管理をしていないこと、経費面や安全面からも開けることはない」と、橋を管理する都担当課の話だ。

 築地場外のうまいものスポットは、この橋を渡っても続いている。左手方向に、もんじゃ焼きの月島商店街、晴海通り沿いに何軒も軒を連ねる。豊海への曲がり角の縄のれんの店に、ふと入ってびっくりぎょうてん。

 カウンターだけの立ち飲み店だが割烹風の料理メニューがずらり並ぶ。蒸し物、刺し身と、うまそうな料理がずらり。「狭くても、たくさんのお客さんに手ごろな値段で楽しんでもらおうとしたら、このスタイルになった」と、ご主人の前納広太郎さん。

 季節の近江力ブラを使った「かぶら蒸し」(1500円=写真上右)には、「アマダイ、小柱、アナゴ、サイマキ(クルマエビ)に、手毬扶(てまりふ)と東寺ゆばなど7 色の具がたっぶり入っている。築地の老舗生麩店「角山」特注品の扱みゆばを使った「生ゆばの葛あんかけ」(800円=同上左)は、一度食べたら病みつきになる逸品だ。

 カラスミ風のハゼ子塩漬やキャビァなどを蒸した百合根に添えた「ゆりね」(1500円=同下)も他の店ではちょっとたべられない珍味である。

 旬の魚刺し身やアワビのサラダ、定番の牛煮込みなど。フグ刺し(てっさ)もある。客同士立ち席を譲り合いながらの会話が弾む。

〔中島 満(c)〕

「かねます」メモ:中央区勝どき1の8の3。銀座・築地方面から都営バスで勝どき2丁目下車。2丁目交差点の勝鬨橋側角。電話03-3531-8611。カウンター立ち席だけ20人ほど。営業時間:午後4時~8時。定休日:日曜祝日。……同所は、新ビル建設中で、清澄通り沿いの2階建て仮集合店舗(101号)に移転している。

(注)メニュー・料金、店の営業時間などは取材時のものです)

[MANAメモ:2007.1.14]最近の店の動静を知ろうと検索をかけると人気店として益々大繁盛の様子がうかがえます。きちんと紹介をしているサイト(ブログ)のなかでは、

◎サマンサの食卓:http://livingroom.exblog.jp/2805339/
◎月下独喰:http://tokyo-osanpo.txt-nifty.com/annex/

がヒットした。

[MANAメモ:2007.11.12]豊海地区の新ビル建設ラッシュが続き、築地から勝鬨橋をわたって豊海交差点付近の景観は大きく変貌した。用事で豊海交差点を歩いていて、「本コラム」に書いた「かねます」があった周辺が高層ビル建設で工事中で、工事区画の隣(清澄通り沿い)にもうけられた仮ビルに飲食店が入っていた。「かねます」も、同仮ビル(勝どき1-10-4)101号に移転していた。平成22年9月まで工事は続くという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)